デュピュイトラン拘縮

デュピュイトラン拘縮とは

手のひらから指にかけて硬結(しこりやこぶのようなもの)ができ、皮膚がひきつれて、指が徐々に伸ばしにくくなります。
環指や小指に多く見られ、痛みはあまりありません。

原因

原因は不明です。高齢者や糖尿病の方に多く見られます。皮膚や皮下組織(腱膜)が増殖して硬くなります。

治療

指が伸ばしにくくなり、日常生活に支障をきたすようになると増殖した腱膜をとる手術を行います。術後リハビリを行います。
最近、薬剤による治療(酵素注射療法)が認められました。薬剤(コラーゲン分解酵素)を局所注射することにより、拘縮索を断ち切る治療法です。
(注射療法は、講習を受けた手外科専門医のみ行うことができます)

手外科一覧へ戻る