ドケルバン病

ドケルバン病とは

ドケルバン病は、伸筋腱背側第1区画を通過する短母指伸筋腱と長母指外転筋腱の腱鞘炎です。

原因

妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多く、手をよく使う仕事の方にも見られます。

治療

保存的には、消炎鎮痛薬の内服と外用薬や装具の使用、ステロイドの腱鞘内注射をを行います。保存的治療で治らない場合は、腱鞘を広げる手術を行います。

手外科一覧へ戻る